亜鉛不足とサプリメント

11月
14

亜鉛は不足しがちな栄養素なので、サプリメントを有効活用している人はたくさんいます。サプリメントなどを利用せず、食事内容の改善もしなければ亜鉛不足になるのは目に見えています。健康維持に十分な亜鉛を補給できないでいると、体にはどういった症状が出るのでしょう。下の先の気分がにぶくなって、味がわかりにくくなるのが、亜鉛不足の典型的な症状だといわれていることです。頭髪が抜けたり、皮膚が荒れたり、にきびや口内炎ができ、粘膜にトラブルが増えます。胎児の畸形や、妊娠中の流産も亜鉛の欠乏によって起きます。子どもの発育が阻害されたり、鬱っぽい気分になったりしてみます。ビタミンやカルシウムと異なり、亜鉛は体内で具体的にどう機能しているかが不透明な部分があります。けれども、人間の体は亜鉛が十分にないと正いつも機能しなくなります。サプリメントを使わず食事だけで亜鉛を摂ろうと思っても、毎回それを手作りするには時間的にも無理があります。サプリメントなどを上手に使って、亜鉛不足にならないようにする事が大切だといわれていることです。汗を大概かくと、亜鉛も汗と一緒に流れてしまいます。1リットルの汗には、1mg程度の亜鉛が含まれているといいます。汗を大概かく人の中には、1日に4mgの亜鉛を失うことがあります。女子の場合、生理になると経血と共に亜鉛を0.5mgほど体外に出してしまうことがあります。亜鉛は体内に蓄積されず、汗をかいたり、尿をしたりといわれている過程で排出されてしまう成分だといわれていることです。もしも亜鉛をまとめて摂取しても、余剰分はすぐに排出されてしまうので、無意味だといわれていることです。こまめに亜鉛を摂取しやすい、扱いやすい形をしていることが、亜鉛のサプリメントを扱う上では強みになるでしょう。

未分類


Your Comment