ローン審査での信用情報センターの役割

12月
14

かならずローンの審査では、信用情報センターへの照会が行われています。
ショッピングクレジット、各種ローン、クレジットカードの利用残高と、返済履歴が記録されているところが、信用情報センターです。
ある決められた期間は、延滞や、債務整理などの情報も残っているといいます。

信用情報機関は平成21年8月に統合などで3つの機関になりました。
信用情報を業者が照会するときに顧客全てのものをチェックできるように、情報を指定信用情報機関間どうしで教え合っています。
ローンの申込みがあると金融会社は信用情報センターを使って顧客についてどんな信用情報になっているかを見ます。

そこで判断するのが、融資をしても大丈夫かどうかということです。
信用情報センターに残っている情報にマイナス面があることが理由で、ローンの申請をしたけれど審査に通らないという場合もあり得ます。
自分で開示請求をすれば、信用情報センターに登録されている個人情報を見てチェックすることもできます。

過去のローン利用履歴が残っているかどうか知りたい人は、信用情報センターに直接開示請求をしてみるといいでしょう。
最近貸金業法が変わったので、ローン融資は過去よりも受けづらい傾向があります。
実際にローンの申し込みをする前に、信用情報センターの情報を過去の借り入れ履歴に問題がないか調べておくのもひとつの方法です。

未分類


No Comments are allowed