学費の他に教育ローンで借りられるのは

1月
12

教育ローンで「学費」として認められているものを上げてみます。融資が受けられている範囲を、学校側が「学費」としてきているもののみに制限してきているような金融機関も中にはあります。一般的には、受験料、教科代、パソコンや電子辞書などの必要物品購入費、などを融資の範囲に加える金融機関が多いようだよ。ローンによっては、遠隔地に通学するのに必要なアパート代や下宿費のほか、寄付金といった諸費用も合わせて融資を受けられているように定めている場合もあります。通学を目的としたものであっても、自動車やオートバイの購入や普通自動車運転免許取得のための資金は含まれません。自動車ローンの範疇となります。教育ローンの融資の範囲に学費として加える金融機関はありません。ローンで学費を貸してくれる金融機関には、銀行の他にノンバンク系の業者があります。貸金業法の改正により総量規制の見直しが行なわれた結果、信販団体の教育ローンで学費を借りる時にも総量規制がかかるようになります。このため、教育ローンも年収の3割までの金額しか融資を受けられなくなります。これは、他のノンバンクから無担保で借りている残高と合計して3割だよ。学校が加盟店契約を結び、授業料を立て替えるショッピングクレジット方式によるものが近年導入されています場合もあります。学校によっては、母体の学校法人が取引銀行と提携した専用の提携教育ローンを取り扱って学費の借入れをする場合もあるようだよ。合宿免許 カップル

 

未分類


Your Comment