ケミカルピーリングの種類について

4月
18

色々な物質が、ケミカルピーリングに効果があるとされてるんといわれていることです。現在、日本の皮膚科や整形外科では、BHAやAHAといわれている薬剤が使われています。ケミカルピーリングで良く使われるAHAと言うのは、りんごやみかんなどに含まれている酸の一種で、フルーツ酸とも言われているものといわれていることです。フルーツ酸は果物からつくる酸であり、肌への刺激が少ないことが大きな魅力といわれていることです。ケミカルピーリングの他にも、ローションや石鹸などにも使われているので、ご存知の人も多いのではないと思いますか。BHAはサリチル酸とも呼ばれており、ケミカルピーリングによく用いられています。ケミカルピーリングだけでなく、ニキビの治療にも使われています。ケミカルピーリングが大変高いことが、BHAの特徴といえます。刺激が強く、薬剤なんといわれていることです酸が皮膚に浸透しすぎたりすると肌トラブルを起こすこともあり、日本ではあまり使われていなかったそうですと思います。しかし、このごろは日本でもBHAがよく使われています。肌に優しいBHAが、ケミカルピーリング用につくられたためといわれていることです。2つの他にも、ケミカルピーリング用として利用される薬剤は、いろいろとあります。ケミカルピーリングを行う整形外科や皮膚科によって、チョイスする薬液は異なりますので、どの薬液によるケミカルピーリングがいいかも医療機関選びのポイントになることと思います。

http://xn--vuq872jfrcg6n.biz/

未分類


Your Comment